第183回国会での内閣提出法律案へ戻る

提出理由

閣法第23号

閣議決定日:平成25年3月8日

国会提出日:平成25年3月8日

衆議院

気象業務法及び国土交通省設置法の一部を改正する法律案

重大な災害が発生した場合における国民の安全の確保を図るため、気象庁は、重大な災害の起こるおそれが著しく大きい場合に特別警報を行うこととするとともに、気象観測、予報等を行う体制強化に資するよう海洋気象台を管区気象台等に統合する等の措置を講ずる必要がある。 これが、この法律案を提出する理由である。

Page Top


〒100-0013 東京都千代田区霞が関3丁目1番1号 中央合同庁舎第4号館
© CABINET LEGISLATION BUREAU All rights reserved.