第186回国会での条約案へ戻る

提出理由

条約第12号

閣議決定日:平成26年2月25日

国会提出日:平成26年3月13日

衆議院

投資の相互の自由化、促進及び保護に関する日本国政府とモザンビーク共和国政府との間の協定

政府は、日本国とモザンビーク共和国との間において、投資の自由化、促進及び保護に関する法的枠組みの整備を通じて両国間の投資の機会を増大させ、経済関係を一層強化するため、平成二十五年六月一日に横浜で、投資の相互の自由化、促進及び保護に関する日本国政府とモザンビーク共和国政府との間の協定に署名した。よって、この協定を締結することといたしたい。これが、この案件を提出する理由である。

Page Top


〒100-0013 東京都千代田区霞が関3丁目1番1号 中央合同庁舎第4号館
© CABINET LEGISLATION BUREAU All rights reserved.