第190回国会での内閣提出法律案へ戻る

提出理由

閣法第26号

閣議決定日:平成28年2月9日

国会提出日:平成28年2月9日

衆議院

児童扶養手当法の一部を改正する法律案

父又は母と生計を同じくしていない児童が育成される家庭の生活の安定と自立の促進に寄与するため、児童扶養手当の支給要件に該当する児童であって母が監護するもの等が二人以上である場合における加算額の増額等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

Page Top


〒100-0013 東京都千代田区霞が関3丁目1番1号 中央合同庁舎第4号館
© CABINET LEGISLATION BUREAU All rights reserved.