第190回国会での内閣提出法律案へ戻る

提出理由

閣法第45号

閣議決定日:平成28年3月4日

国会提出日:平成28年3月4日

衆議院

消費者契約法の一部を改正する法律案

高齢化の進展を始めとした社会経済情勢の変化等に対応して、消費者の利益の擁護を図るため、無効とする消費者契約の条項の類型を追加するとともに、取消権の行使期間を伸長する等の措置を講ずる必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

Page Top


〒100-0013 東京都千代田区霞が関3丁目1番1号 中央合同庁舎第4号館
© CABINET LEGISLATION BUREAU All rights reserved.