第196回国会での内閣提出法律案へ戻る

提出理由

閣法第58号

閣議決定日:平成30年3月13日

国会提出日:平成30年3月13日

衆議院

民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案

高齢化の進展等の社会経済情勢の変化に鑑み、相続が開始した場合における配偶者の居住の権利及び遺産分割前における預貯金債権の行使に関する規定の新設、自筆証書遺言の方式の緩和、遺留分の減殺請求権の金銭債権化等を行う必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

Page Top


〒100-0013 東京都千代田区霞が関3丁目1番1号 中央合同庁舎第4号館
© CABINET LEGISLATION BUREAU All rights reserved.