第201回国会での内閣提出法律案へ戻る

提出理由

閣法第35号

閣議決定日:令和2年3月3日

国会提出日:令和2年3月3日

衆議院

家畜改良増殖法の一部を改正する法律案

 最近における家畜人工授精及び家畜受精卵移植をめぐる状況の変化に鑑み、家畜人工授精用精液等の保存等に関する規制を強化するとともに、特にその適正な流通を確保する必要がある家畜人工授精用精液等について容器への表示等の規制を整備する等の必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

Page Top


〒100-0013 東京都千代田区霞が関3丁目1番1号 中央合同庁舎第4号館
© CABINET LEGISLATION BUREAU All rights reserved.